導きとしてのユダヤ哲学: ローゼンツヴァイク、ブーバー、レヴィナス、ヴィトゲンシュタイン

Front Cover
法政大学出版局, 2013 - 188 pages
現代アメリカの分析哲学・科学哲学の潮流を牽引してきたパトナム。その著作活動の一方で、生活者としては実践的なユダヤ教徒であった彼が、自身の無神論的哲学と宗教的信とのあいだの和解しえない矛盾を、いかに真摯に思考し生きてきたかを初めて語ったエッセイ。20世紀のユダヤ思想家たちへの深い洞察と共感、そして哲学的な生き方の知恵にあふれた倫理の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information