有機ELディスプレイ

Front Cover
オーム社, 2004 - 163 pages
有機ELディスプレイのさらなる実用化展開を図るには、その基本物性を明らかにした抜本的な性能向上が不可欠であり、本質的な材料・デバイス物性の体系化へ向けて、本気で取り組む必要がある。本書が関係者の研究開発を進めるうえでの一助となり、この有機EL分野の発展に寄与できればという思いである。本書では、基礎的な部分を重要視しているが、一方ではこの学術的な面ばかりに偏ることを避け、有機ELディスプレイ開発に関する世の中の動向についても記述し、専門外の読者にも参考になる内容にした。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information