天皇と古代王権

Front Cover
岩波書店, Oct 16, 2000 - Emperors - 342 pages
実証的手法で戦後古代史学を主導してきた著者が展開した古代王権に関する論考を、新たに編集。ある限定された地域の族長が、どのようにして国家の首長、そして天皇になったのか。東アジアという国際的視野のなかで国家と天皇の起源を論じ、皇太子・女帝など王権のあらわれ方、祭祀の行われ方に、古代社会の世界観を見る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information