方言学の技法

Front Cover
岩波書店, Dec 20, 2007 - Japanese language - 221 pages
方言の研究は、コンピュータやインターネットの発展により、技術的側面についても新しい時代を迎えている。技術の発展は方言の研究に利便性や客観性をもたらすだけでなく、方言の記録や、誰もが手軽に研究に参加できる環境作りに役立っている。この巻では、方言学の新しいアプローチに欠かせない道具論について紹介する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information