現代アメリカ経済論

Front Cover
地主敏樹, 村山祐三, 加藤一誠
ミネルヴァ書房, 2012 - 330 pages
世界最大の経済大国であり、多様で魅力的なアメリカ。本書は、日本とも深いつながりがあるアメリカ経済・社会を、経済学にとどまらず政治、経営、法学など様々な視点から解説し、その全体像を明らかにする。リーマンショック・世界金融危機後の情勢もふまえて、アメリカ経済の基盤、20世紀以後の政治経済の大きな流れ、国内政策や外交、現代の重要課題などあらゆる面を網羅した、アメリカ政治・経済研究のための必携書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information