インドネシア・スンダ世界に暮らす

Front Cover
岩波書店, Dec 16, 2014 - Bandung (Indonesia) - 321 pages
文部省派遣留学生として一九七五年から二年間、インドネシアに過ごした滞在記。研究室を飛び出した若き学徒が全身で見て、聞いて、感じた、激変していく直前の“伝説の島国”の暮らしぶりとは。西ジャワ地方の市井の人々の息遣い、街なかの音、匂い、空気などが濃厚に伝わってくる希有な現地調査と観察記録。その後、名著『エビと日本人』等を著し、日本‐東南アジア関係研究の新しい地平を確立した著者の初々しいデビュー作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information