戦争と新聞: メディアはなぜ戦争を煽るのか

Front Cover
筑摩書房, Aug 10, 2015 - Government and the press - 318 pages
近代日本の始まりとともにあった新聞。民主主義の基本は国民の手に情報があることだからだ。しかし明治以来たびたび起きた戦争で、新聞は真実を伝えてきただろうか。時に国の意向に従い時に国民の愛国熱に応え、戦争を煽ってきたのではないだろうか。戦争がどう報道され、その背景に何があったのか。台湾出兵から太平洋戦争、その後までを丹念に追ったドキュメント。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information