薔薇の奇跡

Front Cover
光文社, 2016 - 583 pages
監獄と少年院を舞台に、アルカモーヌ、ビュルカン、ディヴェールら「薔薇」に譬えられる美しい囚人たちとジュネ自身をめぐる、暴力と肉体の物語。同性愛者であり泥棒でもあった作家が、悪と性に彩られた監獄世界を緻密かつ幻想的に描くことで、そこに聖性を発見していく驚異の書。精密な読みに基づくこの新訳により、まったく新しいジュネ像が見えてくる!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information