国家論

Front Cover
岩波書店, May 18, 2004 - 213 pages
人が生まれながらに持つ自然権の調整を通じてその成員に安全と平和を保障する機構が国家である。だが、人々が無気力である故に平和であり、隷属のみを事とする国家は国家ではない。最晩年のスピノザ(1632‐77)はこう説いて、各人が「他人の権利の下にある」と同時に「自己の権利の下にある」ことがいかにして可能かを追求した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information