大震災復興過程の政策比較分析: 関東、阪神・淡路、東日本三大震災の検証

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2016 - Disaster relief - 264 pages
大災害に際し、重大な役割を担う政治や行政はどのような備えを行うべきか。本書は、関東、阪神・淡路、東日本の三大震災を、(1)復旧・復興の政治過程、(2)政府と官僚の危機管理、(3)震災をめぐる社会認識について、政治学的な分析視角から比較検証。これらの知見を基に、2016年に発生した熊本地震も含めた今後の災害対策、復旧・復興体制を考察し、災害時の強固な統治体制や日本社会のあり方への認識を深める。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information