現代アメリカ社会論: 階級・人種・エスニシティからの分析

Front Cover
大月書店, 2001 - 286 pages
史上最長の景気拡大を嘔い、まばゆいばかりに光り輝いてみえるアメリカ。しかし、それが圧倒的多数の国民の生活現実なのだろうか?本書は、アメリカ社会の深部の矛盾を鋭く分析した本格的研究。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information