野生動物と共存できるか: 保全生態学入門

Front Cover
岩波書店, 2006 - Animal ecology - 209 pages
ラッコが駆除された。漁業に被害を与えるという理由だったが、それで増えると思った漁獲量が減った。なぜだろう?怖いクマや爆発的に増えるシカと、ほんとうに共存できるのだろうか。いま、新しい学問・保全生態学がさまざまなチャレンジを試みている。私たちが野生動物とどう関わればいいかを考える手引きとなる一冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information