東アジアの冷戦と国家テロリズム: 米日中心の地域秩序の廃絶をめざして

Front Cover
徐勝
御茶の水書房, Dec 10, 2004 - East Asia - 392 pages
「2.28事件」「50年代白色テロ」「済州4.3事件」「米軍占領下の犯罪」「光州事件」「吹田・枚方事件」「麗水・順天事件」「軍慰安所」―。冷戦期から今に至る東アジアでの民衆弾圧の歴史に光をあて、禁忌視すらされてきた国家テロリズムの全体像に迫る。1997年以降6回にわたり開催された国際シンポジウム「東アジアの冷戦と国家テロリズム」(後「東アジアの人権と平和」に改名)で蓄積された各国各地域からの報告のエッセンス。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information