吾輩は猫である

Front Cover
アイビーシーパブリッシング, Feb 24, 2006 - 83 pages
吾輩は猫である。名前はまだない。教師の家に拾われたのはいいけれど、人間はわがままで変な生き物だ。主人は神経胃弱のくせにいろいろなことに手を出しては失敗しているし、美学者は人をかつぐのを生き甲斐にしている...猫の視点から人間をユーモラスに、そしてシニカルに描いた文豪漱石の処女小説。本書では、独立した短編として『ホトトギス』に発表され、好評を博したその第一章を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information