児童生活臨床と社会的養護: 児童自立支援施設で生活するということ

Front Cover
田中康雄
金剛出版, 2012 - 270 pages
それでも、人は生活へ還る―かつて生きる権利を奪われた子どもたち、愛を求めるその無垢の産声を聞き届けて差し延べられた救いの手は、存在の零度からの「育ちなおし」に寄り添う。生き存えた子どもたちの「生活」を今ふたたび共に支えるための、対人援助者の条件。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information