物語フランス革命: バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで

Front Cover
中央公論新社, 2008 - 342 pages
一七八九年、市民によるバスチーユ襲撃によって始まったフランス革命は、「自由と平等」という光り輝く理想を掲げ、近代市民社会の出発点となった。しかし、希望とともに始まった革命は、やがて恐怖政治へと突入、ナポレオンを登場させ、彼の皇帝即位をもって幕を下ろす。本書は、ドラマに満ちた革命の有為転変をたどりつつ、当時を生きた人々の息づかいな社会の雰囲気を丁寧に追い、革命の時代を鮮やかに描き出す。

What people are saying - Write a review

Review: 物語 フランス革命―バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで (中公新書)

User Review  - 0907070 - Booklog

140816 Read full review

Bibliographic information