災害と厄災の記憶を伝える: 教育学は何ができるのか

Front Cover
山名淳, 矢野智司
勁草書房, 2017 - Education - 331 pages
災害と厄災の記憶を伝承するという課題に対して、教育/教育学は何をなしうるか。「厄災」をどのように語るのか、語ること自体の意味や記憶の在り方そのものについて思想的にアプローチすることにより、「厄災の教育学」の可能性を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information