ベーシックインカム入門: 無条件給付の基本所得を考える

Front Cover
光文社, 2009 - Income - 290 pages
ベーシック・インカムは直接的には新しい社会保障の考え方であり、何より貧困問題の解消に一役買うことができると私は考えているけれども、本書は社会保障についての技術的なものではなく、もう少し別のものを目指している。個人の生活と社会の関係、労働とは何か、といった事柄について改めて考えてみる、そんな本のつもりである。近年におけるグローバリゼーションのなかで、約二〇〇年の歴史をもつ「ベーシック・インカム(基本所得)」の概念が世界的に注目を集めている。この新しい仕組みは、現代社会に何をもたらすのか。労働、ジェンダー、グローバリゼーション、所有...の問題を、あらゆる角度から捉え直す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information