ジキルとハイド

Front Cover
Ibcパブリッシング, Jun 4, 2014 - 126 pages
0 Reviews
「ヘンリー・ジキルの遺産は友人エドワード・ハイドが受け取ること」弁護士のアタソンは、高名なジキル博士から託された遺言状に見知らぬ男の名があることに疑問を抱く。その後、ある事件をきっかけにハイド氏の悪評は世間の知るところとなり、いよいよ二人の関係の謎が深まってゆく。対照的な性格のジキル博士とハイド氏を通して人間が併せ持つ善と悪の二つの心を描き出し、二重人格の代名詞ともなった有名な物語。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information