マスク社会が危ない子どもの発達に「毎日マスク」はどう影響するか?

Front Cover
宝島社, 2022 - 192 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
マスクで「表情が読めない」と、子どもたちの脳と心が育たない!
京大・脳科学者が指摘する深刻な発達リスクとは?

2020年5月、コロナ対策の一環として「新しい生活様式」が提唱された。あれから2年――ウイルスの弱毒化を指摘する専門家も多いなか、日本人の大半はいまだに「毎日マスク」の日常から脱却できていない。保育や教育の現場でも「密」を避け、顔をマスクで覆うことが、“感染対策”の名のもとに継続しているが、これらが子どもたちの心身の正常な発達を阻害するリスクについては黙殺されている。比較認知発達科学を専門とする京都大学・脳科学者が提言する「脱マスク」への処方箋とは? ジャーナリスト・鳥集徹氏との特別対談も収録!

【目次】
まえがきにかえて明和政子

第1章 「毎日マスク」で子どもたちの発達が危ない

第2章ポストコロナ時代を生きる子どもたちに何ができるか

第3章特別対談明和政子鳥集徹
パンデミックで浮き彫りになった「子どもファースト」からかけ離れた日本の実態

あとがきにかえて鳥集徹

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (2022)

京都大学教育学部卒。同大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。京都大学霊長類研究所研究員、京都大学大学院教育学研究科准教授を経て、現在、同大学院教授。ヒトとヒト以外の霊長類を比較し、ヒト特有の脳と心の発達とその生物学的基盤を明らかにする「比較認知発達科学」という分野を世界に先駆けて開拓した。著書に『ヒトの発達の謎を解く─胎児期から人類の未来まで』(ちくま新書)、『まねが育むヒトの心』(岩波ジュニア新書)など。NHKスペシャル『ママたちが非常事態!? 最新科学で迫るニッポンの子育て(2016年放送)』『ニッポンの家族が非常事態!? 第1集「わが子がキレる本当のワケ」(2017年放送)』『ジェンダーサイエンス第1集「男X女性差の真実」(2021年放送)』などの監修・出演など、現代社会に生きるヒトが抱える問題を最新科学の知見から解説する活動にも力を注いでいる。2022年10月より放送開始の『こどもちょうせんバラエティいろりろ』(読売テレビ)の監修も行っている(YouTubeにて『いろりろch』も配信中)。

Bibliographic information