勝海舟と西郷隆盛

Front Cover
岩波書店, Dec 20, 2011 - Japan - 226 pages
勝海舟と西郷隆盛といえば、明治維新の江戸城無血開城の立役者として有名である。しかし、二人の関係はそれ以降も終生続いた。さらに海舟は西郷が西南戦争で斃れた後、その名誉回復に尽力し、遺児の面倒をみた。敵対関係にあった両雄がなぜ交友を続けたのか。出会いから海舟の西郷追悼行動までを丹念にたどり、その秘密にせまる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information