サッカーのある風景: 場と開発、人と移動の社会学

Front Cover
晃洋書房, Dec 10, 2019 - 204 pages
サッカー・スタジアムの開発は、「サッカーにたずさわる人びと」を生み出していくことを意味していた。新潟のスタジアム建設・プロチームの設立と地域社会、サッカー専門学校を通じた学び、活躍の場をシンガポールへと広げるサッカー選手などを取り上げ、サッカーを通じた人びとの生活の軌跡を考察する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information