英語学を英語授業に活かす: 市河賞の精神を受け継いで

Front Cover
池内正幸, 窪薗晴夫, 小菅和也
開拓社, 2018 - 309 pages
第50回目の授賞をもって2016年に終了した市河賞の精神を受け継ぐべく、英語学・言語学から中・高等学校の英語教育・英語授業に具体的にどのような貢献ができるかについて、これまでとは異なる新しい試みとして“一歩”踏み込んだ形での論考を収録した論集である。また、中・高等学校の現場の教員からの意見・評価も交えている。現代英語学・言語学と現場の英語教育の新しい視点からの“出会い”となれば幸いである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information