喪失と獲得: 進化心理学から見た心と体

Front Cover
紀伊國屋書店, 2004 - 460 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
リチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」仮説誕生から30年。人の体のさまざまな特質のみならず、心の特性を「進化論の眼」で探る学問分野、進化心理学が発展した。本書は、イギリスを代表する進化心理学者による思索の結晶。言語と意識の誕生、憎悪心と宗教心、服従心理、病気と自然治癒力などに、示唆に富む考察をめぐらす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information