茶と美

Front Cover
講談社, 2000 - Art objects, Japanese - 364 pages
茶の心、美の本質に深く迫るには、物にじかに「触れ」、「観る」ことが大切であると説く。そして、名器「喜左衛門井戸」を観てその美を発見し、さらに日本美の共通の基準「渋み」を提唱した、初期の茶人達を高く評価する。さまざまな角度から美を論じつつ、現代の茶人に対する厳しい要求をつきつける辛口の評論集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information