「赤」の誘惑: フィクション論序説

Front Cover
新潮社, 2007 - Color in literature - 284 pages
漱石、子規、鴎外、ポー、ドイル、ハメットなど多くの名作の中にひっそりと生れ、作者と読者を静かに誘い、やがて炎の如く世界を染め上げる色=「赤」。この魔性の色と「フィクション」との、驚きに満ちた関係性が徹底的に考察され、ギリシャ的な図式や多くの理論家の呪縛から読者を解放する。フィクション論の決定版。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information