ヒア・カムズ・ザ・サン

Front Cover
新潮社, Nov 20, 2011 - Japanese fiction - 194 pages
真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた...。わずか7行のあらすじから誕生した二つの小説。大切な人への想いが、時間と距離を超え、人と人とを繋げていく。有川浩meets演劇集団キャラメルボックス。小説演劇の全く新しいクロスオーバーから生まれた物語の光。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information