日本の優先課題

Front Cover
野村総合研究所, 2000 - Aging - 430 pages
“現役世代の活性化”が活力維持のキーワード!少子高齢化が進むなか、日本社会の活力を維持していくには制度改革による現役世代の負担縮小と生産性向上による負担能力の増大を図るしかない。本書では、年金・医療保険制度改革、高齢者介護へのボランティア活用、ワークシェアリング、インセンティブ型報酬やESOPの活用など、日本社会の活力維持に向けた具体策を提案する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information