街場のアメリカ論

Front Cover
文藝春秋, 2010 - Japan - 286 pages
私たちが「アメリカの圧倒的な力」と思いなしているものの一部は明らかに私たちが作り出した仮象である―誰ひとりアメリカ問題の専門家がいない大学院の演習での内田氏の講義と聴講生たちとの対話をベースに、日米関係、ファースト・フード、戦争経験、児童虐待、キリスト教などからアメリカを読み解く画期的な論考。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information