音響エレクトロニクス: 基礎と応用

Front Cover
本書は、音響についての物理学的基礎から音響機器や身近な応用例までを解説した教科書である。できるかぎり初学者にも理解しやすいように、音響を学ぶに際してぜひ必要となる振動や波動の極めて基本的な事柄から出発し、波動方程式の複雑な解法は避け、音波の本質を理解することを重視している。音響応用については、音声分析・合成の技術、電気回路による音響振動を表す方法、そしてオーディオ機器の基本まで段階的に理解できるように構成されている。今日、ますます重要になっている音環境、生活と関連する音楽技術について述べ、超音波とその応用についてもふれている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information