ドイツ神秘思想

Front Cover
木村直司
平凡社, 2001 - 977 pages
13‐15世紀のドイツ語圏では、修道院や大学の枠を越えてより実践的・民衆的な信仰覚醒運動が興隆するとともに、エックハルトを中心とする思弁の洗練も頂点に達して独自の神秘霊性を形成した。最新の研究成果を反映する決定版。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information