本朝文粋・本朝続文粋

Front Cover
吉川弘文館, Nov 20, 1999 - Chinese literature - 283 pages
本朝文粋は藤原明衡の撰と伝えられ、全十四巻、嵯峨天皇より後一条天皇の御代に至る名家の詩文四百余篇を文選の体に傚って類聚輯録したもので、平安朝時代の研究に須要のものである。本書は、神宮文庫架蔵の人見卜幽手沢の寛永六年版本を底本とし、宮内省図書寮所蔵本以下十余種の古写本及び明治十九年刊行の田中参氏校訂本と校し、更に柿村重松氏本朝文粋註釈、文学博士小柳司気太氏本朝文粋註補正及び三代実録、日本紀略、朝野群載、菅家文草、江吏部集等の諸書を参照して新に校訂を加え、本朝続文粋と併せて新訂増補版とした。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information