知的財産法入門

Front Cover
中央経済社, 2019 - 407 pages
デジタル技術の急速な発展や、企業のグローバル展開が進む昨今、知的財産法分野では、現状に即した対応・改正が絶えず求められている。本書は、知的財産に関する法制度について、「市場の秩序維持法」、「産業上の創作保護法」、「学術文化的な創作保護制度」、「知的財産法をめぐる国際的状況」に分類する独自の構成をとり、全領域を平易に解説する。知的財産法をはじめて学ぶ入門書としても、また、専門家が手元に置く書としても、有益な一冊となっている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information