環境安全学: これからの研究教育の必須学

Front Cover
丸善, Dec 25, 2006 - 124 pages
環境安全学とは、環境と安全とそれらと深くつながる健康と倫理観とを包括的に取り扱う学問です。環境問題も安全問題も解決には社会的ルールや管理システムの運用が必要です。環境や安全を守るためのリスク回避には、組織の構成員一人一人が“自分の健康や安全は自分で守る”という自主的な行動が求められます。環境や安全に配慮しながら進めた研究開発の成果は、結果的に安心して社会に受け入れられることにつながります。わが国が科学立国をめざすときのベースとなるのが“環境安全学”なのです。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information