資源・エネルギーと建築

Front Cover
日本建築学会
彰国社, 2004 - 374 pages
本書は、建築と資源・エネルギーにかかわる技術を包括的・俯瞰的・体系的にまとめたものである。まず、建築における資源利用モデル、環境制御装置としての建築、という基本認識からはじまって、建築における材料・資源の使い方、建築既存ストックの活用法、建築解体、資源利用効率に配慮した設計、建築計画・建築設備・都市地域計画と省エネルギー、新エネルギーの意義と現状について、それぞれの分野の一線で活躍する技術者が、懇切丁寧かつ平明に解説をしている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information