春画のからくり

Front Cover
筑摩書房, 2009 - Color prints, Japanese - 251 pages
春画では、女性の裸体だけが描かれることはなく、男女の絡みが描かれる。男性のための女性ヌードではなく、男女が共にそそられ、時に笑いながら楽しむものだったと考えられる。また、性交場面を際立たせるために、顔と性器以外は、衣装で隠された。「隠す・見せる」「覗き」等の視点から、江戸のエロティシズムの仕掛けが明らかになる。図版豊富。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information