北の民俗誌: サハリン・千島の民族

Front Cover
谷川健一
三一書房, 1997 - Ethnology - 586 pages
本書は日本の南樺太統治40年間と全千島列島統治70年間に日本の研究者・旅行者たちが記述したニヴフ(旧称ギリヤーク)民族、ウイルタ(旧称オロッコ)民族、サハリンのアイヌ民族(いわゆる樺太アイヌ)、北千島のアイヌ民族(いわゆる千島アイヌ)に関するさまざまな記録の中から、今日では既に稀覯書として入手が困難か、あるいは図書館にさえも所蔵が稀な文献を選んで収録したものである。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information