ダーウィンのブラックボックス: 生命像への新しい挑戦

Front Cover
青土社, Jun 17, 1998 - 415 pages
進化論の究極の謎。生物というブラックボックスを開き、細胞内の分子、遺伝子のDNA、さらにその分子構造そのものを解明し続けてきた分子生物学。しかし分子レベルでの生物システムの精密さと複雑さは、それらの起源をどう説明するかという課題を化学者にもたらした。ダーウィン以来の進化論を分子生物学から問い直し、生命の謎の解明に対して一つの解決を提案する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information