確実性の終焉: 時間と量子論、二つのパラドクスの解決

Front Cover
みすず書房, Nov 25, 1997 - 200 pages
『存在から発展へ』以来つづく著者の、決定論的な物理法則と進化発展する世界との相互克服の読みは、最終段階を迎えた。ここに、現実の「複雑性」に挑む21世紀の科学の誕生が告げられる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information