琉日戦争一六〇九: 島津氏の琉球侵攻

Front Cover
ボーダーインク, 2009 - Japan - 350 pages
独立王国・琉球を狙う「九州の覇者」薩摩島津氏。そしてアジア征服の野望を抱く豊臣秀吉、対明講和をもくろむ徳川家康。ヤマトの強大な力が琉球に迫る。これに立ち向かう琉球王国・尚寧王と反骨の士・謝名親方。海域アジア空前の「交易ブーム」の中、うごめく海商・禅僧・華人たちが情報戦(インテリジェンス)に絡み合う。若き琉球歴史研究家、満を持しての書き下ろし。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information