図解・日本の中世遺跡

Front Cover
小野正敏
東京大学出版会, 2001 - Archaeology, Medieval - 271 pages
本書は、中世の日本列島を考古学資料を用いて語ろうと企画したものである。中世という時代の特徴を意識して、都市、村と町、城と館、生産と技術、生活の諸相、流通と消費、祭祀と葬送という大テーマにより基本的な章立てをし、さらに、中世の北と南の世界、自然を含む環境史や自然科学からの成果を盛り込んで、北と南、中世の景観の2章を立てている。また、表現的には、各テーマの考古学情報を列島規模で分布論的に集成、ビジュアルに図版化することに力点をおき、中世という枠内での、時間的な変化や地域性などを表現した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information