数学ガール/ガロア理論

Front Cover
ソフトバンククリエイティブ, May 29, 2012 - Mathematics - 472 pages
待望の第5弾、ついに刊行。

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

現代数学に大きな影響を与えたガロア理論とは? 「僕」と4人の少女が軽やかに解き明かす、魅惑の数学物語。エヴァリスト・ガロアに捧ぐ。

累計15万部を突破した「数学ガール」シリーズの第5弾です。
今回のテーマは、ガロア理論。
19世紀初頭、若き天才ガロアによって打ち立てられたガロア理論は、
現代数学のみならず現代科学のあらゆる分野に絶大な影響を与えています。
本書は、方程式の解の公式から、定規とコンパスの作図問題、それらを取りまく群と体の解説を経て、
ガロア理論への理解に向かいます。
これまでの本と同様、「僕」と4人の少女たちが大活躍します。
シリーズの読者はもちろん、数学に関心をもつすべての読者に最良の一冊です。

◆登場人物紹介

「僕」
 高校二年生、語り手。
 数学、特に数式が好き。

ユーリ
 中学二年生、「僕」の従妹。
 栗色のポニーテール。論理的な思考が好き。

テトラちゃん
 高校一年生、いつも張り切っている《元気少女》。
 ショートカットで、大きな目がチャームポイント。

リサ
 高校一年生、双倉博士の娘。
 プログラミングが得意。

ミルカさん
 高校二年生、数学が得意な《饒舌才媛》。
 長い黒髪にメタルフレームの眼鏡。


 「僕」の母親。

瑞谷女史
 「僕」の高校に勤務する司書の先生。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2012)

●著者紹介
結城浩(ゆうき ひろし)
プログラム書きと文章書きが、趣味&仕事。バッハのフーガが大好きな、プロテスタントのクリスチャン。主な著書に、『数学ガール』『数学ガール/フェルマーの最終定理』『数学ガール/ゲーデルの不完全性定理』『数学ガール/乱択アルゴリズム』『数学ガール/ガロア理論』、『プログラマの数学』『新版暗号技術入門 ―― 秘密の国のアリス』『新版Perl言語プログラミングレッスン入門編』『増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門』などがある。  http://www.hyuki.com/

Bibliographic information