小さき者へ・生れ出ずる悩み

Front Cover
岩波書店, 2004 - Japanese fiction - 141 pages
「小さき者よ。不幸なそして同時に幸福なお前たちの父と母との祝福を胸にしめて人の世の旅に登れ」―妻の死から一年半足らず、有島武郎(1878‐1923)が一気に書き上げた短篇。一方、芸術か生活か青年の懊悩を描いた中篇は、北海道の自然の絵画的描写と海洋小説の趣でも知られる。傑作二篇。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information