社会学の根本概念

Front Cover
岩波書店, 1972 - 104 pages
社会学の泰斗マックス・ヴェーバー(1864‐1920)がその死に先立って社会学上の重要な諸概念を定義的に明らかにしようと試みた論文。宗教、経済、政治、法律などの各領域で社会学的研究を成しとげたヴェーバーの社会学に関する根本的な考え方を知るために貴重な文献である。なだらかな日本語に移した本訳書は初学者にもすすめたい。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information