369(みろく)の契約

Front Cover
文芸社, 2001 - 331 pages
多くの人が姓名学に挑戦しているが今ひとつ解明しきれていない。闇の中の感覚的な現象だけに全体像をつかめぬままに翻弄されてしまっている。だが、人間の側も徐々に知識を積み重ねて姓名学を間近に窺うところまでやってきた。この『369の契約』の上梓をきっかけに闇の世界の本格的な開拓が始まるだろう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information