小平邦彦が拓いた数学

Front Cover
岩波書店, 2015 - Complex manifolds - 318 pages
日本人初のフィールズ賞受賞者、小平邦彦。複素多様体論で世界をリードするに至った過程は、独自の数学世界を切り拓くヒントと根源的な問いに満ちている。現代数学の古典となっている論文集のみならず、自伝やエッセイ、同時代に活躍した数学者たちの著作や講演の記録をひもといて、小平の壮大な思考の軌跡を再現する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information