コミュニティ科学: 技術と社会のイノベーション

Front Cover
金子郁容, 玉村雅敏, 宮垣元
勁草書房, 2009 - Community development - 226 pages
「高負担・高満足か、低負担・低満足か」という二者択一ではなく、満足度が高く、しかも社会コストが低い社会を作り出すアプローチがある。コミュニティ・ソリューションだ。本書は、医療・教育・保育・まちづくりなど喫緊の社会課題を解決する「コミュニティ科学」という新しい発想による理論と方法論を、豊富な実例をあげて提示する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information