バイオイメージングの最先端: 生体の構造と機能を探る

Front Cover
鈴木和男, 南谷晴之
先端医療技術研究所, Dec 27, 1999 - 324 pages
現在のバイオイメージングの研究の情報交換の場としての「バイオイメージング学会」が発展してきているのも、バイオイメージング研究が一つの分野として成長しつつあることを物語っている。このように、成長・発展してきているバイオイメージングの研究成果や技法の到達点と今後の発展方向に、バイオイメージングにかかわる研究者達は注目している。そこで、本書の出版を企画した。今回の企画は、これまでのバイオイメージング技術の「まとめ」であり、また、これから発展しつづけるバイオイメージング研究の新しい方向を示す一端でもある。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information