未来の治療に向かって: 生命医科学の挑戦

Front Cover
多賀谷光男, 柳茂
東京化学同人, 2010 - 158 pages
生命医科学の研究により未来の治療はどのように変わるのでしょう。本書では、分子レベルの病気の解明に基づく新治療法、新しい創薬研究の流れや、iPS細胞、免疫学的手法、ペプチドサイエンス、遺伝子治療の応用などを紹介します。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information