源氏物語の政治と人間

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2017 - History in literature - 394 pages
世界文学『源氏物語』。古代から現代に到るまで、無数の人々を惹きつけてきたこの物語を四つの視角から読み解き、緻密極まりないその構造を明らかにする。『源氏物語』研究における“政治の季節”を牽引してきた著者の、物語読解へのあらたな挑戦を集成する、待望久しい論文集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information